スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓をあけたら

2009.04.24 *Fri
ココロの窓 拭いて

ココロの窓 開けて



外へ









木々が 呼吸してる

風が 遊んでる

光が 笑ってる

花が 歌ってる





生きてる






みんな 生きてる






雨に潤され

雲に癒され

光に向かって伸びていく






光だけじゃ 干からびるから

みんなみんな 

廻りまわり ながれてく







ココロは

雨が降りつづけたり

雲に覆い込まれてしまったり。


だけど

光が

ともしつづけることも あったり。









雨に濡れ 潤して

雲に覆われ 疲れ癒して

外へ出たら




あぁ みんな生きてる




熱が篭って

曇るから

ココロの窓 拭いて

ココロの窓 開けて





みんな呼吸してる

そして ほら

タイセツなあの人も





笑顔見るだけで

ココロの雨はすぐ上がる


曇ってたら よく見えないから

ココロの窓 拭いておこう





窓開けて

雨受けよう


雲に包まれて

光浴びよう




求めるヒカリに向かって 顔上げて





笑顔見に行こう

歌を聴きに行こう




そして

笑って

歌口ずさんで







大きく空気吸い込んで

ヒカリ生み出し









生きてるんだって。









たった一度の奇跡の中を

みんな一緒に生きてるんだって




泣いて笑って

歌 口ずさんで 



窓開けたなら   あなたの笑顔 










スポンサーサイト
CATEGORY : ・ 詩
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © 月のしずく All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。